福岡ソフトバンクホークスを応援して得するクーポン&グルメ情報

24 長谷川 勇也 (外野手)「新選手会長として迎える、復活の年」
インタビュー
24 長谷川 勇也選手
−選手会長として迎えたシーズンですがいかがですか?
選手会長だから、という特別な意識はないですね。
このチームは、みんながしっかり練習して、結果を出そうと準備して、
それを積み重ねて、という集団ですから僕の役割はそこにないと思います。
−では、選手会長の役割とは?
まあ、選手会長がやるべきことは、裏方みたいなものですよ。
選手全体の代表として、意見を集約したり、要望を伝えたりですね。
前任の選手会長(松田宣浩選手)が、かなり特殊な選手会長イメージを作ったので、僕でリセットしておきます!(笑)

24 長谷川 勇也選手
−今年のチームの雰囲気についてはいかがですか?
「絶対に勝つ」という気持ちが本当に強いです。「勝つ」という気持ちが強すぎるとそれがプレッシャーになってしまうんですが、みんな自分のやるべきことをしっかりやろう、と地に足がついた意識でいますから凄いですよね。
まあ、この辺の精神状態については、個々の選手の話でもありますけど、全体の雰囲気はすごくいいですよ。
その意識の高さがスキのない野球につながっているんだろうと思います。
−自身の復活に向けての思いは?
うーん。現在の状態は悪く無いですよ。
ただ、「復活したい」と言うより、「自分のスイングをしたい」と思っています。
僕は、打撃は「こうすれば良くなるんじゃないかな?」というものを探し続ける「作業」だと思っています。
その「作業」を突き詰めてゆくには、身体の状態や、打撃の状態を明確に把握することが絶対必要です。
そうでないと、「こうすれば良くなるんじゃないかな?」っていうひらめきというかアイディアも生まれてきませんよね。
−打撃に終わりはないんですね。
ないですよ。ヒットを打つ方法は無限にあると思います。
その中で、今の自分には何がマッチしているのかは簡単にはわからない。
わかったとしても「もっと良い何か」があるかもしれないので、そこは求め続けたい。
無限にあるものを求め続けるんですからね、終わりはないです。
−すごくきつそうな事を楽しそうにお話されていますが・・・
楽しいですよ!考えぬいて、ふと自分の中に生まれたアイディアをやってみて、それが上手く行った時はほんとに嬉しいんです。
もちろん、単なる思いつきじゃダメですけどね。
−最後にファンにメッセージを
僕らはホークスの野球をしっかり貫いて、3年連続の日本一を達成するために戦います。
シーズンの最後まで、一緒に戦いましょう!応援、よろしくお願いします!
プロフィール
24 長谷川 勇也選手
長谷川 勇也(ハセガワ ユウヤ)
生年月日 1984年12月22日 ポジション 外野手
投打 右投げ/左打ち 身長/体重 180cm/89kg
出身地 山形県 経歴 酒田南高 - 専修大 - ソフトバンク(大学生・社会人ドラフト5巡目 ・07〜)
インタビュー 一覧
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 森福 允彦選手
  • 2011年
  • カブレラ選手
  • 川ア 宗則選手
  • 2010年
  • 和田 毅選手
  • ファルケンボーグ選手
  • 多村 仁志選手
  • 馬原 孝浩選手
  • 2009年
  • 秋山 幸二監督
  • 馬原 孝浩選手
  • 田上 秀則選手
  • 多村 仁志選手
  • 森本 学選手
  • 2008年
  • 杉内 俊哉選手
ぐるなびホークスTOPに戻る
SoftBank HAWKS