福岡ソフトバンクホークスを応援して得するクーポン&グルメ情報

30 武田 翔太(投手)身長を使った大きなフォーム「上から翔太」
インタビュー
30 武田 翔太選手
−福岡での寮生活にも慣れましたか?
寮生活には特段違和感はないです。 いつでも練習できるし、トレーニングもできるし、計算された食事完備でありがたいです。
−食事に行ったりしていますか?
寮には門限もあるので、気にしながら、ですね。 遠征先では先輩方に連れて行ってもらったりしています。 野球の話しがたくさんできますし、美味しいお店のストックが増えますからね。焼肉が多いですが、、、。
−ここまで無傷の4勝。初めてヤフードームのマウンドに上がったときの気持ちはいかがでしたか?
デビューがビジターだったので、実際にヤフードームのマウンドに上がった時は、スタンドからの声援や雰囲気がすごく心地よかったですね。今までのどのマウンドよりも「わくわく」しながら上がれたと思います。 比較的にリラックスできていたと思いますし、ちょっと力んだ部分もありましたが、ピッチングに集中できました。 やっぱり、ファンの方の応援って力になりますね!
−初登板は6回1安打無失点、翌週のヤフードームでも6回無失点とルーキー離れした落ち着いたピッチングです。ホークスで高卒新人投手がデビュー2連勝したのは史上初なんですよね。
初登板で初勝利は嬉しかったですね!試合の後には、友達やお世話になった皆さんからお祝いの電話やメールをたくさんもらいました。みんなに自分のことのように喜んでもらえて、さらに僕自身の喜びが大きくなった感じです。 2連勝は出来過ぎでしょうね。攻撃や守備、先輩方にサポートしてもらって上げた勝利ですので、本当に感謝です。 ホークス初という見出しの記事を見たときは嬉しかったです。

30 武田 翔太選手
−特徴的なのは笑顔のピッチングですが「投げることが楽しい」という感じですか?
楽しいから笑っているというわけではなくて、「プラス思考」の現れなんです。 例えばエラーが出ても、ピンチになっても「抑えるから、大丈夫!」という気持ちなんです。ピッチャーが不安そうになったり、味方を責めるような表情を見せたりしても、チームにとってプラスになるものは全くないですよね。 だったらと、中学の時から意識してマウンドでは笑顔でいるようにし始めて、今では僕のスタイルとして無意識に笑顔になるようになっていますね。
−入団発表の時も「セールスポイントは笑顔」とアピールしてましたしね。
そうですね。中学から高校時代も含め、それがピッチングスタイルで、セールスポイントになっていますので、売っとかないと(笑) まあ、ファンの皆さんやチームを盛り上げて行ければと思います。
−そして「上から翔太」!
身長を使った大きなフォームを意識するために「上から翔太」で、大きくうでを振り下ろすようにしてます。AKBのフレーズなんですが、「上から」歴は僕のほうが長いんですよね(笑) プロになって球速も上がりましたし、どんどん「上から」いきたいと思います。
−今後の目標、意気込みをお聞かせください!
「救世主」となれるように、信頼してもらえる投球を目指します! みなさんも笑顔で応援して下さい!
プロフィール
武田 翔太選手
30 武田 翔太(タケダ ショウタ)
生年月日 1993年4月3日 ポジション 投手
投打 右投右打 身長/体重 187cm/84kg
出身地 宮崎 経歴 宮崎日大高
インタビュー 一覧
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 森福 允彦選手
  • 2011年
  • カブレラ選手
  • 2010年
  • 和田 毅選手
  • ファルケンボーグ選手
  • 多村 仁志選手
  • 馬原 孝浩選手
  • 2009年
  • 秋山 幸二監督
  • 馬原 孝浩選手
  • 田上 秀則選手
  • 多村 仁志選手
  • 森本 学選手
  • 2008年
  • 杉内 俊哉選手
ぐるなびホークスTOPに戻る
SoftBank HAWKS