福岡ソフトバンクホークスを応援して得するクーポン&グルメ情報

19 森福 允彦選手(投手)「輝くんダ!」
インタビュー
森福 允彦選手
−今期は、まだ序盤というのに大活躍。特に、セットアッパーもクローザーも経験してます。5月1日ロッテ戦、わずか1球でのプロ初セーブ。どんな気持ちでしたか?
いやぁ、何が何だかという感じでここまで来てますね。
初セーブの時も、あの場面で(9回二死満塁)急に行けと言われて・・・。
「まさか」という感じでした。
抑えたんですが、実感はありませんでしたね、何しろ一球ですから(笑)
でもセーブが付いているのを次の日に新聞で見て、嬉しかったです。
−現時点(※5月20日時点)で防御率0.00このピッチングを支えるものは何でしょうか?
開き直りでしょうね(笑)
しっかりと腕を振って、「これを打たれるんならしょうがない」という気持ちで投げてます。
そう思えるようになったのは、去年の後半や今年の経験が自分を支えているんだと思います。
これが「成長」するってことなのかな、って思うようになりました。

森福 允彦選手
−トレーニングや気持ちの上での変化がありますか?
体が小さいですからね。今まで以上に徹底して体のケアを行うようになりました。
「これを打たれるんならしょうがない」ってボールを、いつでも投げれるような準備が出来ていないとダメですから。
精神面では、中継ぎの柱だった攝津さんが先発にまわったことで「自分がやる!」という気持ちが強くなりました。
ケアやメンタルな部分は攝津さんにアドバイスをもらったりしています。
−食事に関してはどうですか?
もともと中継ぎですからね、試合前の食事なんかはあまり変わってないですよ。
日々の食事もあまり変わってないかな?
リラックスするための食事会が好きですね。焼肉、モツ鍋が多いです。
−選手の食事会って「焼肉」、「モツ鍋」多いですね・・・。
あー、そうですね。魚もよく行きますけど、みんな肉好きなんで、結構多いですね。
あまりたくさん食べれる方じゃないんで、美味しいものをゆっくり食べたいです。
みんなでワイワイ食べるとリラックスできるし、楽しいですからね。 食事って大事ですよね。
−ファンの皆さんへメッセージを。
今年の僕のテーマは「輝くんダ!」です。
和田さんや杉内師匠って、マウンドでキラキラしてますよね。
僕もマウンドで輝く姿を見てもらうために、試合に出る準備を怠らず、いつも気持ちを込めたピッチングをしたいです。
その先に、チームの優勝・日本一があれば最高です。ヤフードームでの声援、よろしくお願いします!
プロフィール
森福 允彦選手
19 森福 允彦 選手
生年月日 1986年7月29日 ポジション 投手
投打 左投左打 身長/体重 171cm/65kg
出身地 愛知 経歴 豊川高−シダックス
インタビュー 一覧
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 森福 允彦選手
  • 2011年
  • カブレラ選手
  • 2010年
  • 和田 毅選手
  • ファルケンボーグ選手
  • 多村 仁志選手
  • 馬原 孝浩選手
  • 2009年
  • 秋山 幸二監督
  • 馬原 孝浩選手
  • 田上 秀則選手
  • 多村 仁志選手
  • 森本 学選手
  • 2008年
  • 杉内 俊哉選手
ぐるなびホークスTOPに戻る
SoftBank HAWKS