福岡ソフトバンクホークスを応援して得するクーポン&グルメ情報

2 今宮 健太(内野手)選手のあっという間の1年間でした。
インタビュー
今宮 健太
― 1年目のシーズン、終わってみていかがでしたか?
長かったような、短かったような。
でも、正直あっという間の1年間でした。無我夢中で走り抜けてきた、と言う感じです。
当然覚悟はしていたんですが、「プロの世界の厳しさ」をあらためて、身をもって知ることができましたし、自分に何が足りないのかということもわかりました。
明確な目標を持つこともできましたし、あとはガムシャラにやるだけです。
オフシーズンの今でも僕は、「息抜き」なんてことを言える状況ではないですから、毎日しっかり練習するだけですね。
― シーズン中には骨折も経験しました。1年目から辛い経験だったのでは?
最初は落ち込みましたね・・・。
やってやるぞ!と意気込んで毎日練習していただけに。
しかし、鳥越監督(2軍監督・現1軍守備走塁コーチ)から、「怪我したからこそ出来ることを考えろ。」と言って頂いて、「よし、下半身を鍛え抜くチャンスだ。この期間は、しっかり走り込もう。」と思い直すことができました。
「どんな状況にあっても、前を向いて出来ることを精一杯やる」、これがプロなんだと学ぶことができました。
自分はまだ1軍で活躍している選手ではないんですから、そういう心の持ち方や実際に走りこんで下半身強化をできたことを考えると、いい経験だったと思います。
― 2軍戦ではヤフードームでホームランを打ちましたし、秋キャンプの練習試合でも豪快な一発を放ちましたね!
ヤフードームのホームランの時は、正直、スタンドに入るのかどうかわからなくて、
必死に走っていました(笑) 気持よかったし、「ヤフードームでもホームランが打てたんだ!」と少し自信にもなりました。
ホームランそのものは、秋のキャンプでジャイアンツとの練習試合(サンマリンスタジアム)で打ったホームランの方が感触も良かったですよ!

今宮 健太
― プロ1年目、食事などに気を使っていたことはありますか?
食事は基本的に選手寮ですので、出されたものをしっかり食べます。
自分は疲れて食欲がなかったりするとすぐ体重が落ちてしまうので、夏ごろには「頑張って食べる」のような日もありました(笑)
外食することもあります。やっぱり、焼肉が多いですね!それとモツ鍋です。 美味しい料理はたくさん食べれますし、野菜もとれてバッチリだと思います。 魚も美味しいと思うんですが、量をガッツリ食べるにはちょっと上品すぎますかね。
特に福岡はモツ鍋の美味しいお店がいっぱいあるんで、調べたり紹介してもらったりして色々行ってます。 宮崎キャンプ期間中には先輩から誘っていただいたり、同期と一緒に出かけたり何回も焼肉に行きました! 肉の話ばっかりですね・・・。


― 最後にファンの皆さんにメッセージを。
今年はチームはリーグ優勝したんですが、自分は貢献できていません。 身体が大きくない子供たちのためにも、自分みたいに身体の小さな選手(今宮選手171cm)でもプロで活躍できるところを見せたいと思います。 まずはヤフードームでプレーできるように頑張っていきますので応援してください!
プロフィール
2 今宮 健太(イマミヤ ケンタ)
生年月日 1991年7月15日 ポジション 内野手
投打 右投右打 身長/体重 171cm/70kg
出身地 大分 経歴 明豊高
インタビュー 一覧
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 森福 允彦選手
  • 2011年
  • カブレラ選手
  • 2010年
  • 和田 毅選手
  • ファルケンボーグ選手
  • 多村 仁志選手
  • 馬原 孝浩選手
  • 2009年
  • 秋山 幸二監督
  • 馬原 孝浩選手
  • 田上 秀則選手
  • 多村 仁志選手
  • 森本 学選手
  • 2008年
  • 杉内 俊哉選手
ぐるなびホークスTOPに戻る
SoftBank HAWKS